ドッグフード選びのポイント

ドッグフードにはグレインフリーなど様々なタイプが存在していますが、選ぶときには色々なことを考えて選択しなければなりません。ここではこれから購入を検討している方のためにも重視したいポイントについて話します。

まず、質の高い原材料かどうかを購入する前には確認をしておきましょう。原材料の質はそれぞれのドッグフードによって異なります。例えばグレインフリーで穀物が使用されていない場合でも、原材料の品質が悪ければ結局犬にとって負担をかけるドッグフードとなってしまいます。その為、グレインフリーかどうかを確認したら、次はどんな原材料を使用しているのかについても確認しておくといいでしょう。

続いて大切なのが商品価格が安すぎないかについても見ておきましょう。ドッグフードは価格も大幅に異なり、中にはこんなに安くて大丈夫なのだろうかと感じる価格で販売されているものも存在しています。経済的に考えるとなるべく安いものをと思っている飼い主もいますが、安すぎるドッグフードにはそれなりに理由があります。その為、安すぎる場合には原材料やどんな成分が入っているのか等も見てから購入を検討するといいでしょう。

このように、選び方にはポイントがあるので、犬の健康を考えるなら慎重に選ぶようにするといいでしょう。

グレインフリーは安心か

グレインフリーは穀物が使用されていないドッグフードなので比較的安心ですが、グレインフリーだからと言って絶対に安心だとは限りません。その為、グレインフリーという言葉だけ見てドッグフードを選ぶのはあまりよくありません。選ぶときにはいくつかポイントがあるので、ここでは後悔しないグレインフリーのドッグフード選びの方法について述べます。

まず、1つ目は動物性たんぱく質についても考えることです。グレインフリーと言っても含まれている動物性たんぱく質はそれぞれ異なります。特に成長期の犬にはたんぱく質の摂取が必要不可欠になるので、なるべく選ぶときには動物性たんぱく質を豊富に含んでいるグレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、2つ目はドライフードの選択を検討することです。ドッグフードと言ってもドライフードもあればウェットタイプのフードも存在しています。ウェットタイプは食べやすくて人気も高いですが、基本的にはカビなどが生えないように保存料が使用されていることが多くなっています。保存料は発がん性などがあるため、健康的ではありません。保存料についても考えた方がいいので、なるべくドライフードを選択するといいでしょう。

グレインフリーのメリットについて考えよう

穀物が使用されていないドッグフードは多くの人たちから人気を集めていますが、例えば利点としてはアレルギーの対策や予防につながることが挙げられます。魅力的なグレインフリーですが、実際にはまだまだたくさんの利点が存在しています。ここではアレルギー対策や予防以外にグレインフリーにはどのような利点があるのかについて説明します。

まず、1つ目は下痢や便秘の解消です。犬は肉食動物になるので、穀物類の消化は苦手です。その為多く摂取してしまうと消化機能が弱いので消化不良を引き起こし、下痢や便秘に繋がる可能性が高くなります。また、植物性たんぱく質は胃腸への負担が大きくなるので、便の量も多くなってしまうことがあります。それによって便秘や下痢などの症状が起こりますが、グレインフリーは犬が消化しやすい素材しか含まれていないので下痢や便秘、胃腸の負担を抑えてくれます。

また、2つ目は肥満予防になるのも魅力的な部分です。穀物は肉などと比べると肥満を防止できるのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし、穀物は炭水化物になるので多く摂取すると肥満に繋がることがあります。人間でもそうですが、肥満になると体への負担も大きくなってしまいます。それに比べてグレインフリーは消化のしやすい素材を多く使用しているので、肥満にならない身体づくりも行ってくれます。

グレインフリーのドッグフードを選ぶ人はなぜ多いのか

ドッグフードには様々な種類が存在しており、どれを選んだら犬にとって健康的かなど選ぶときには悩むこともありますが、インターネットなどで調べているとグレインフリーという言葉を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。実際に気になっている人も少なくないでしょう。

そもそもグレインフリーとは簡単に説明をすると穀物類を一切使用していないドッグフードのことを言います。穀物類を使用しているドッグフードを与えることで肥満防止などに繋がると思っている人もいるかもしれませんが、犬は肉食動物になるので、あまり穀物類が多いドッグフードはよくないと言われています。そこで多くの人たちから選ばれるようになっているのがグレインフリーと呼ばれるドッグフードですが、なぜ、グレインフリーが選ばれるのかについて説明します。

グレインフリーが選ばれる理由として多い意見は穀物が使用されていないからです。では、実際になぜ穀物は犬にとってよくないのかというと、アレルギーなどの症状を引き起こす恐れがあるからです。例えば元々健康的な犬でも食べ物によってアレルギーの症状が出てしまうこともあります。食べ物が主に原因になりますが、その中でも穀物は犬がアレルギーになりやすいと言われている食べ物です。例えば発疹や脱毛、皮膚炎など様々な症状を引き起こす恐れがあります。

こういったアレルギーを防ぐためにも多くの飼い主は穀物不使用のグレインフリーを選ぶ人が増えています。