グレインフリーのドッグフードを選ぶ人はなぜ多いのか

ドッグフードには様々な種類が存在しており、どれを選んだら犬にとって健康的かなど選ぶときには悩むこともありますが、インターネットなどで調べているとグレインフリーという言葉を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。実際に気になっている人も少なくないでしょう。

そもそもグレインフリーとは簡単に説明をすると穀物類を一切使用していないドッグフードのことを言います。穀物類を使用しているドッグフードを与えることで肥満防止などに繋がると思っている人もいるかもしれませんが、犬は肉食動物になるので、あまり穀物類が多いドッグフードはよくないと言われています。そこで多くの人たちから選ばれるようになっているのがグレインフリーと呼ばれるドッグフードですが、なぜ、グレインフリーが選ばれるのかについて説明します。

グレインフリーが選ばれる理由として多い意見は穀物が使用されていないからです。では、実際になぜ穀物は犬にとってよくないのかというと、アレルギーなどの症状を引き起こす恐れがあるからです。例えば元々健康的な犬でも食べ物によってアレルギーの症状が出てしまうこともあります。食べ物が主に原因になりますが、その中でも穀物は犬がアレルギーになりやすいと言われている食べ物です。例えば発疹や脱毛、皮膚炎など様々な症状を引き起こす恐れがあります。

こういったアレルギーを防ぐためにも多くの飼い主は穀物不使用のグレインフリーを選ぶ人が増えています。